おひさまだより

アイガモ到着!雛の柄が違う理由

time 2017/06/04

アイガモ到着!雛の柄が違う理由

今年も金子農園に古代米用のアイガモの雛がやって来ました。

毎年お願いしていた孵化場が出荷を辞めたので、今年から鹿児島生まれの薩摩合鴨です。

今までは、黄色のアイガモたちでしたが今年のアイガモから黒い雛が沢山です。


特にこの写真のアイガモは、他と比べて顔が黒一色のはじめての羽毛です。

と。。。。ここで疑問

雛の羽毛の違いは、何でなんだろう?

調べたり聞いたりしてみると親のアヒルの違いのようです。

黄色いのが「青首アヒル」

黒いのが「黒アヒル」

ところが黒と黄色のだけわかりませんでした。

カモの方は、マガモが主らしいのですがここの種類が違うのかもしれません。

今年は、鶏舎(鳥小屋?)を作って育てるので

何年かして卵産めるくらいまで成長してくれたらなと思っています。

コメント

down

コメントする




関連記事

開墾日記(小月)

金子農園について

みかんを考える

動物

栽培について

子ども園長

農業体験

山口県の甘味農園

金子農園

金子農園

コンセプトは、「甘味農園」 お菓子の原料を作る 農産物を甘味にする農園